生理痛の症状

生理中に何か不快感があれば、それは生理痛でしょう。主に腹痛、頭痛、腰痛があげられます。

腹痛であれば鈍痛のような重い感じの痛みが多く、頭痛であれば、ズキズキとする感じで例えられている事が多いです。腰痛は重いのから、ガタガタとする感覚のものまで色々な種類があります。

吐き気や寒気、めまい、手足のしびれなどが起こる事があります。そのために脳の病気ではないかと心配になる人も多いです。稀なケースですが肩こりが起こる場合もあります。

また誰もが経験すると思いますが、イライラや面倒くさい感じになる事が多いです。なんとも言えないダルさや眠気が襲う事も。

また生理が終わったらこれらの症状がすっきりなくなる人もいれば、しばらく続くという人もいます。月の半分は生理痛に悩むという人さえもいます。

 

生理痛の原因(生理痛を起こす物質)

生理痛と言っても人それぞれ症状も違いますし、痛む場所や痛みの程度も違ってきます。一言でこうですね、と説明できないのが生理痛です。だからこそ生理痛に悩まされ、毎月憂鬱に過ごす事になってしまう事もあります。そもそも生理痛とはどうして起きるのでしょうか?原因を考えてみましょう。

生理痛の大きな原因となっているのはプロスタグランジンという物質です。生理が起こった時に子宮内の膜が剥がれます。その時に痛みと熱と腫れを発生させるのがプロスタグランジンです。炎症を起こす物質と言ってもいいでしょう。

このプロスタグランジンの生成を阻害する薬が、生理痛の鎮静剤として使われています。また似た作用を持つ物質を使って作られている市販薬も多く見られます。生理痛が起こるのには、この物質が発生するためですが、その発生率が高いほど生理痛がひどい状態になるのです。

またこの炎症から胃痛や頭痛、吐き気やイライラを引き起こしていると言われています。以前はそれほど多く発生しなかったのではと言われています。現代の環境が昔と大きく変わってきているからでしょう。

 

布ナプキンで生理痛改善?

 

布ナプキンブーム

ここ最近、布ナプキンが流行ってきています。エコという観点から流行ってきているのかと思ったのですが、実は子宮にいい影響があると言われているからだそうです。

もちろん生理痛が改善するという声は多く、一度布ナプキンにすれば、もう一般に売っている紙ナプキンを使用する事はできないという人がほとんどです。

子宮は体の中で一番薬品の吸収率が高い場所と言われています。生理中は特に敏感で、悪いものを吸収してしまう事が多いそうです。

紙ナプキンの場合は、作る過程でダイオキシンを発生するようにできているものもあるようで、使用すれば子宮がダイオキシンを吸収している率はかなり高くなります。

タンポンなどを利用すれば、中に入れてしまう為にさらに吸収率があがり、子宮に悪い影響が高いと言われています。

そこでコットンなど肌に優しい布で出来ている布ナプキンをすると、そのダイオキシンの影響がなくなるので、子宮に優しいと言われるのです。

子宮は悪いものを吸収すれば出そうとします。その結果経血が増えてしまう事になります。そして生理痛など悪いものを外に出そうとする力を発揮します。

布ナプキンを使用した人はわかりますが、初日から経血の量が減っているのがわかるのです。経血の量が本来の量になれば、自然と生理痛は改善されていくのです。

また布である事から暖められて、子宮にいいという意見もあります。現代の女性の子宮は冷えていると言われています。冷えも生理痛の原因です。個人差がありますが、布ナプキンに変えて数ヶ月で変わってくるケースが多いようです