オーストラリアのパルと宝くじの話になった。

もし、当たったら、どうする?という話を「久しく宝くじを買ってないけれど」と

私が言ったところ、彼女も宝くじ当選の場合の計画を考えるのは大好き!と。

「日本行きも最近、計画に加わったわよ。」と。

"I would love to win the lottery,but I think I would have a heart atack

if I won that much money!!"

(宝くじには当たりたいけれど、高額当選したら心臓発作起こしそう!!)

と言った後で、

”Definitely I would faint!"と言っていた。

faintって、バスケとかサッカーでするあれ?

フェイント?

右に行くと見せかけて左!というアレ?

それだと意味がおかしいし…と調べると、「気絶する、卒倒する、めまいがする」

といった意味もあった。

へぇ~!

ちなみに"In Australia we call it Lotto."

(オーストラリアでは宝くじをLottoと呼ぶ)

おぉ!ロット、日本でもロトあるわ~あれと一緒かな?と聞くと、

同じようなもので、数字を選ぶ方式。

ただし、あちらのほうが1口が安いようです。

彼女は「大きくなったときだけ買う」というので、

多分、高額キャリーオーバーのときだけっていうことか。

ふむふむ、私と同じだわ。私も7億のときにはつい買ってしまう…

いまだ当たったことはないけれど。

彼女とチャットした後に、オーストラリアのLottoの高額って、どれくらい?と

調べてみて、I did faint.(めまいがした)

100ミリオンとありまして、日本円に換算して約85億…。

85億当たったら、

「ローン払い終えて、子どもの教育資金に1億ずつ残して、

家政婦さんを3人ほど雇って、運転手さんも雇って…」

貧乏な私には85億の使い道がもうわからない。

夫は「渋滞を回避するために飛行機で通勤」するらしい。

・・・そうまでして働くのか。

その間、私は豪華クルージングに3年ほど出かけてきます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村